遺品整理・生前整理の流れ

お問い合わせからご契約まで

1.ご相談・お問い合わせ

フリーダイヤル0120-030-705にお電話いただくか、お見積りフォームからお問い合わせください。現地でのお見積りに伺わせていただく日にち、時間等の打ち合わせをさせていただきます。

2.現地でのお見積り

ネクスト関西のスタッフが、作業現場の現地にお伺いします。ご依頼者様立会いの下、現場を拝見し、ご依頼者様のご希望、お悩み事、お困りごとなどお話を聞かせていただきます。

現場の状況、ご要望、ご予算に合わせた最適な作業内容をご説明させていただき、お見積り料金を提示させていただきます。この時お見積りした担当者が作業当日の作業責任者となります。ですからお見積金額と作業内容が作業当日に変わることはありません。(※ご依頼者様のご指示、ご要望による作業内容の変更は対応いたします。)

3.ご契約

スタッフの説明にご理解いただき、お見積り金額、作業内容についてご納得いただきましたら「ご契約」となります。ご依頼者様のご希望に合わせて作業に日時等の打ち合わせをさせていただきます。

ご契約

作業当日の流れ

4.作業前のミーティング

お見積りを担当したスタッフが当日の作業現場責任者として当日の作業手順、作業人員の配置、ご依頼者様からのご要望、捜索の必要な品、ご意向等についてミーティングを行います。当日の現場スタッフ全員が作業の手順と内容を共有していることで確実な作業、スムーズな作業を行うことが可能となります。

5.作業前の準備・現場の養生・近隣へのご挨拶

作業を始める前に近隣にお住まいの方にご挨拶させていただき、搬出作業の際にご迷惑がかからないよう説明します。搬出作業の際に室内や搬出経路、共用部分、エレベーター、階段等に傷がつかないよう養生作業を行います。

室内の作業前確認を行い処分される品、仕分ける品、買取などリサイクルする品などチェックします。

作業前の準備・現場の養生

6.分別・梱包作業

作業前の準備が終わりましたら室内の品の分別作業を行います。室内の様々な品を10品目以上に分別し、それぞれ梱包します。金品、権利書、通帳、重要書類、アルバム、写真など貴重品、想い出の品を見落とすことなく丁寧にチェックし仕分け作業を行います。

不用品、廃棄物についても市区町村の分別方法に合わせてできるだけリサイクル、リユースできるよう丁寧に分別します。買取可能なものはしっかり査定し、買取金額は作業料金から差し引かせていただきます。

分別・梱包作業

7.搬出作業

分別、梱包の終わったものは搬出します。近隣にお住まいの方の迷惑にならないよう配慮し、搬出経路、共用スペース、エレベーター、階段など傷つけないよう十分注意して搬出作業を行います。

トラックへの積み込みはリサイクル、リユース品を傷つけないようていねいに積み込みます。積み込んでいる様子は周りから見ると引っ越し作業をしているように見えます。

搬出作業

8.搬出後の清掃

搬出作業が終わった室内の清掃を行います。

基本的な清掃内容

  • 玄関・ベランダの掃き掃除
  • 各部屋の掃き掃除
  • 各部屋の掃除機かけ
  • フローリング床の拭き掃除
  • キッチン、浴室、トイレなどの水回り清掃
  • キッチン、レンジ周りの油汚れ清掃
※一般的な整理作業後の清掃は90分~120分程度で行える範囲となります。 ※孤独死現場など消臭を含む特殊清掃についてはご相談ください。

搬出後の清掃

9.作業終了・現場確認・お支払い

作業が終わりましたら室内の最終チェックをご依頼者様と行います。分別作業、捜索作業で見つかった貴重品などについてもご確認していただきます。

作業後の確認をしていただきましたら作業費用のお支払いとなります。 お支払いは現金またはクレジットカードでお願いいたします。

作業終了・現場確認

作業完了後について

10.合同供養

不用品としてネクスト関西で引き取らせていただいた品の中にも、故人の方が大切にされてきた品、想い出の品があります。そんな大切な品だからこそネクスト関西では合同供養を行っております。そのまま処分するには忍びない「アルバム」「人形」「コレクション」「愛用品」など段ボール箱3箱程度まで無料で合同供養いたします。

合同供養

11.リサイクル・リユース

そのほかの不用な品はできる限りリサイクル品として活用させていただきます。買取ができない品も寄付品、海外への寄贈品として活用させていただきます。そのほか処分するものについては管轄地区の分別方法に応じた適切な処分を行っております。ご不明な点、ご質問がありましたらお気軽にご相談ください。

リサイクル・リユース

ネクスト関西へのお問い合わせ
ネクスト関西
TEL:0120-030-705
無料お見積りはこちら
このページのトップへ