相続トラブルや変死トラブルでお困りの方へ

我々が作業を行なってきた中で、相続問題や変死現場の大家さんや不動産屋と揉めるケースを何度も体験してきております。

相続トラブルとは

ご兄弟様で意見が割れるケース、ご両親が住んでた家を片付ける事を自分の記憶や思い出を壊すと考える方もいます。片方は早く片付けて、住まない空き家を手放したいと考える人、一方は残したいと考える人、お互いに妥協点などなく、争続(違う意味での相続)勃発。

または、故人のお世話を全くしてこなかった人が、法定相続人の権利を主張し、お世話をした人が個人様から、口頭で「財産を譲る」と言われている場合。

変死現場におけるトラブルとは

自分の身内が、賃貸のお部屋の中で病死し、発見が遅れ不動産屋さんから、保証金(同じフロアの住人や、下の階の住人などへの)を請求されたり、荷物の撤去と、お部屋の現状回復を求められたりします。(実際に200万請求されたりどうしたらいいのか?という相談を何度も受けております。)

実際のところ簡単な話ではないので、ここでは全部説明できる事ではありませんが、遺族の方にはまず、故人様に債務があるかないかなどを調べ、相続することにより、負の遺産が増えるようであれば、相続放棄がかけれます(第3順位までしなければなりません。)などなど、保証人になってると保障義務があったりしますが、病死の場合は、すべてを請け負う必要がないともされております(過去の判例により)。

こういったトラブルを避けるために、相続問題のプロ(弁護士、行政書士、司法書士、税理士またはFP)が集まる、相続ファシリテーター協会に所属しております。経験だけでは、解決しないトラブルもありますので、そういった時にバックアップしてもらいます。

相続ファシリテーター協会関西支部の皆様

どのような問題にも対応すべく、連携を強めております。

相続ファシリテーター協会とは、行政の後援をもらい、ハウスメーカー様とタイアップし、空き家問題、相続問題に取り組んでいる社団法人です。相続税のことや、不動産の活かし方、相続トラブルなど、あらゆる問題に取り組んでいます。

ネクスト関西へのお問い合わせ
ネクスト関西
TEL:0120-030-705
無料お見積りはこちら
このページのトップへ