トップページ4

遺品整理・生前整理 業務に携わる人間として

遺品整理・生前整理業者の仕事とは何か?

『整理』に携わっている業者として、故人様の遺品に触れることで感じる事がたくさんあります。ご遺族の方からご依頼を頂く時、ほとんどの方が、整理に掛ける時間を十分には持っていないと言う事。それ故に、遺品や家族の想い出の物などを十分に見て懐かしむ時間が無い

『捨てるだけの整理』

になっている事。おおよそ3000件の現場を経験する中で、整理業者として出来る事を考えた時、遺品の中から貴重品を探し、遺族の方にお返しする事。お部屋の中を掃除して、大家様または不動産屋さんにも安心してお部屋を返す事。荷物を捨てるだけではなく、使えるものを、必要としている人に届ける事(処分するものを出来る限り減らす)。を徹底して行ってきましたが、私たちが一番大事にしている事は、

整理をする中で、故人様やご自身の思い出の物に触れて頂く機会を作る事です。

お部屋の中にある荷物や遺品は、住んでいた誰かが、気に入り購入もしくは親しい誰かから貰った物や自分の生きてきた証になりうる物です。

通知表、寄せ書き部活動の写真トロフィー、メダル、手紙ご両親から頂いた学習机、お年玉で買ったおもちゃ、好きだった歌手、アイドルのポスター、結婚して撮った写真送った年賀状、もちろんご両親の思い出の物、おじいちゃんおばあちゃんの思い出の物着物、など歴史を紡いで来たものがあったりもします。そういった遺品を『整理』する業者が遺品を触る時に立会いのないまま、全部不要と言われたからと言って捨ててしまう。捨てるだけの整理でいいのか?と疑問に思います。

私達は、立会いを出来る限りお願いしております。もちろんほとんどの現場から金品が出るからという理由もあるのですが、それ以上に、自分の荷物や、家族の荷物を見れる、最後の機会に、物に触れて、思い返してほしいという強い希望があります。探すものを探して返す。お部屋を綺麗に掃除する。環境に良い仕分けをし、処分するものを減らす。それは私達がやるべき当たり前のことです。

その作業の中で、ご足労おかけしお時間も頂戴しますが、ご依頼者様に想い出を整理して頂く時間、機会を作るのが我々ネクスト関西の『整理』という仕事です。

代表 武内 博信

多くのご依頼者様から「ありがとう」を頂きました

感謝より感動 をモットーに努めます

ネクスト関西へのお問い合わせ
ネクスト関西
TEL:0120-030-705
無料お見積りはこちら
このページのトップへ